{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602015795852454   整理番号:58A0000161

ガンマ線照射装置

Anlage und Betriebskosten von Gamma-Bestrahlungsanlagen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 10  号: 10  ページ: 314  発行年: 1958年
JST資料番号: B0476A  CODEN: ENTEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
コバルト60は材料非破壊試験や医療用によく使われるが,近年セシウム137のこの方面での利用価値が一層重視され,米,英両国ではその工業的な分離が行われるだろう.セシウム137の利点はコバルト60に比べて半減期がほぼ5倍の長さをもち,設備のコストがコバルト60の約10%になることである.セシウム137を使って1.5メガキュリーのガンマ線源を得る設備費は約200万ドイツマルク,運転経費は約60ドイツマルクである
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る