{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015829253610   整理番号:60A0113192

異なる前処理による低炭素リムド鋼のかたさに及ぼすりんと窒素の影響

Der Einfluss von Phosphor und Stickstoff auf die Haete von unberuhigtem kohlenstoffarmem Stahl nach yereohindener Vorbehandlung.
著者 (1件):
資料名:
巻: 80  号: 12  ページ: 801-809  発行年: 1960年
JST資料番号: E0131A  ISSN: 0340-4803  CODEN: STEIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
塩基性転炉鋼,酸素富化または複合送風による特殊鋼および平炉鋼について,60~70%の冷間加工を施した試料片の表面層と中心層のかたさを,熱処理とりんおよび窒素含有量の相関の下に測定した;図17表2参10
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る