{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015878106819   整理番号:60A0092945

地下設備の金属の電食防止用絶縁カップリングとフランジの有効度と配置あ問題

К вопросу размещения и эффективности действия изолирующих муфт и изолирующих фланцев при защите подземных металлических сооружений от электрокоррозии.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1960  号:ページ: 19-24  発行年: 1960年
JST資料番号: R0027A  ISSN: 0013-5380  CODEN: ELEKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
絶縁カップリングとフランジを有効に使うと地下設備における迷走電流が著しく滅少する.本文はこれらの中間絶縁物をいかなる配置でいかなる個教用いたら最も電食防止に有効かを土地設備に流れる電流分布を解析し.その間の関係を求めた

前のページに戻る