{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015885372338   整理番号:58A0018993

BaC2の生成熱

Heat of Formation of BaC2.
著者 (1件):
資料名:
巻: 29  号: 11  ページ: 1588 - 1589  発行年: 1958年
JST資料番号: C0266A  ISSN: 0021-8979  CODEN: JAPIAU  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
BaC2の生成熱を求め△Hf0298 =-12.1±4kcal/Mを得児。BaC2+C上のBaの分圧をクヌーセンの放流法で求めこれから討算した。自由エネルギーを用いて反応熱を計算するとBaC2(s)→Ba(g)+2C(s)に対し△H298=54.9±3.5。クラウジウス・クラペイロンの式からは△H298=53.3±4.1。この両者の平均をとりBaの気化熱を引いて上記の値を得た
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る