{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602015922259156   整理番号:58A0002780

核融合反応の制御-ゼータとセプタの概説

Controlling the fusion reaction-The Significance of Zeta and Sceptre.
資料名:
巻: 65  号:ページ: 82-83  発行年: 1958年 
JST資料番号: B0060A  CODEN: BEAJA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
核融合反応装置ゼータとセプタの理論,実際の構造と実験結果について簡単にのべている。ゼータでは5msで5×106°Cの高温が得られ,セプターIIIはゼータより小規模であるが,2×105Aで4×104Jの熱を出し,だいたい4×106°Cを得ている。非常に多くの実験が繰り返されているが完成は予測できない
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る