{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602015926923450   整理番号:62A0121607

サルファイト廃液中のバニリン定量の簡易法

Eine vereinfachte Methode zur Vanillinbestimmung in Sulfitablauge.
著者 (3件):
資料名:
巻: 11  号:ページ: 179-181  発行年: 1962年
JST資料番号: H0108A  ISSN: 0044-3867  CODEN: ZLPAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
廃液をニトロペンゼン酸化後,ベーパークロマトグラフで成分を分離しアルカリ性アルコ軸ルで抽出,紫外線分光器でバリニンを定量する従来法の別法としクロマトグラムをFolln-Denis液で抽出,比色定量する方法につき記述,本法は分光器のない場合に有効;図3参7
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る