{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015997627932   整理番号:60A0003565

垂直飛行に応用されるtrompeとtrompe翼について

Les trompes appliquees au vol vertical, vers l’aile-trompe.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1960  号:ページ: 79-9l  発行年: 1960年
JST資料番号: E0210A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
[trompeの原理をのべ,ジェットによる揚力の諸関係式を導く,次にホバ-クラフトに対する応用を述べ,浮揚力と航続時間を示す変数λ,tcを導き従来設計された機種のデータに基づき実験式を出しそれを図示。成功したヘリコプタ二種と比較すると,ホバークラフトは航続時間で劣るが浮揚力ではそん色がなく有望である。trompeの浮揚力は予想に反し速度の増加と共に増加することを実験中認め,trompe翼の着想を得た。これは離着陸用の二枚のフラップの間に翼内部からガスまたは空気を吹出すものでジェットによる揚力と剥離防止の双方に役立つ。最後にtrompeを応用した二三の飛行機の着想を示す;図18]☆
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る