{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602016130323546   整理番号:62A0118899

化学繊維の領域における技術の現状,研究と発展における傾向と目標

Stand der Technik auf dem Gebiet der Chemiefasern,Tendenzen und Ziele in Forschung und Entwicklung.
著者 (1件):
資料名:
巻: 43  号:ページ: 543-548  発行年: 1962年
JST資料番号: D0038A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
世界の繊維生産高の変遷をみると,′60年にレーヨンは260万トンで′55年に対し著しい変化はなく,合成繊維が66年に71万トンで急激に上昇してきているが,これらの内訳の数字から今後化学繊維はどのような発展をするか,ポリノジック繊維も出現したが,レーヨンは今後どんな目標で進めばよいが,アセテート,銅安人絹はどうか,などを論述;写6図3表4

前のページに戻る