{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602016211882981   整理番号:58A0032828

遊離アルキル基に対する置換基の相対的安定化効果V

The Relative Stabilising Influences of Substituents on Free AlKyl Radicals.Part V. Selective Bromination by N-Bromosuccinimide.
著者 (2件):
資料名:
巻: 1958  号:ページ: 2637-2640  発行年: 1958年
JST資料番号: C0276A  CODEN: JCSIA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
N-プロムコハク酸イミドによる選択的臭素化(フェニル基がベンゾイル基またはカルボキシル基よりも大きな安定化効果を持つことが判明)
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る