{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602016251854310   整理番号:62A0115600

エポキシ樹脂の最近の発達 VI 作業性と使用特性

New developments in epoxy resins.VI.Wide range of Handling and end use properties now available.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 19-23  発行年: 1961年
JST資料番号: D0464A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
エポキシ樹脂はその出現以来10年間に作業性と最終的な使用状態における特性が著しく向上した.初期の樹脂と硬化剤の組合せでは硬化時間や使用温度が非常に制限されていたが,その後エポキシ樹脂に関する技術の発達に伴ってしの制限は急速にゆるめられたことを説明.この章では良好な作業性と秀れた使用特性を得るための方法,すなわち,粘度の調整と作業方法,ゲル化時間とゲル化温度,硬化性と硬化装置についていろいろの面から説明し,さらに現在の代表的な電気用エポキシ樹脂の電気工業および電子工業への応用を写真で詳細に解説した
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る