{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602016345689908   整理番号:60A0078288

炭酸飽和の制御

UEber die Kontrolle der Saturation.
著者 (2件):
資料名:
巻: 13  号: 22  ページ: 554-560  発行年: 1960年
JST資料番号: E0453A  CODEN: ZUCKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ガラス電極とアンチモン電極により運続的炭酸飽和の制御を行なう際の利点と不利な点について比較論議。この際電気伝導度はpH値,アルカリ度に依存しないのでpH値法に比べて炭酸飽和の制御には適切性が低い;図7表1
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る