{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602016360084389   整理番号:60A0071443

2-メチル-3-p-ブロムフェニル-3H-4-キナゾロン塩酸塩(B.D.H.1880)とその関連化合物の抗けいれん作用

The anticonvulsant properties of 2-methyl-3-p-bromophenyl-3H-4-quinazolone hydrochloride(B.D.H.1880)and some related compounds.
著者 (2件):
資料名:
巻: 12  号:ページ: 501-505  発行年: 1960年
JST資料番号: C0332A  ISSN: 0022-3573  CODEN: JPPMAB  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
2-アルキル-3-アリール-3H-4-キナゾロンおよび-チオキナゾロンと2-アリール-3-アルキル-3H-4-キナゾロンの経口鎮けい作用を試験し,最も有効な標記物質について,レプタゾールまたは電気ショクによるけいれんに対する鎮けい作用をトロキシドン,フェニトイン,プリミドンと比較
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る