{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602016381610749   整理番号:62A0096331

アミノ酸のカルバモイル誘導体の生物学的意義 II N-カルバモイルアスパラギン酸 ヒトおよびラットの尿中成分の分離ならびに定量

Carbamoylderives d’acides amines d’interet biologique. II. Acide N-carbamoylaspartique. Techniques de separation et de dosage dans l’urine chez le rat et chez l’homme.
著者 (1件):
資料名:
巻: 43  号: 12  ページ: 1331-1338  発行年: 1961年
JST資料番号: B0147A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ピリミジン合成の中間体である標題アミノ酸誘導体をラット尿中からイオン交換クロマトグラフィーで分離し,ジアセチルモノオキシン反応で定量する方法を報告。正常ラット尿中にはこれは含まれない;図2表2参16

前のページに戻る