{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602016393805472   整理番号:62A0001790

多孔質ローラ間の流れ

Fluid flow between porous rollers.
著者 (2件):
資料名:
巻: 61-WA-104  ページ: 1-5  発行年: 1961年
JST資料番号: A0478B  CODEN: ASMSA   資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
多孔質材を用いた二つのローラの間の有限隙間における流れの理論研究。今迄にも多孔質材を壁に有する流体の流れの研究は,壁における速度条件が実際の点とよく合致していなかつたが,本研究はこれを改著したもので,二つのローラ間の最小隙間から離れた処で流体圧力は大気圧であり,円筒半径は隙間に比較して大きいと仮定した場合の粘性流体につき,流体潤滑理論を応用して,レイノルズ方程式と,流体の圧力,粘度,流重より定まるローラ材の有孔度から,問題を解明し,極端な例として隙間が無い場合をも計算した;図3参8
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る