{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602016472850793   整理番号:62A0095035

めす白色ラットの副じん皮質における発情週期間の核DNA含量の変化

Variations in the nuclear deoxyribonucleic acid content in the adrenal cortex of the female white rat during the ceatrual cycle.
著者 (2件):
資料名:
巻: 192  号: 4807  ページ: 1043-1044  発行年: 1961年
JST資料番号: D0193A  CODEN: NATUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
めす白色ラットの発情週期のいろいろな段階における副じん皮質の核DNA含量の変化を研究。発情静止期の副じん皮質各層のDNA含量は雄のそれに類似。発情前期には各層とも含量が減少。発情期には全層の含量が著るしく増加。球状帯における増加が特に顕著;図1表1参10

前のページに戻る