{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602016512063579   整理番号:58A0027260

パルス型X線照射による細菌損傷の時間経過におよぼす溶存酸素の影響 II 酸素効果は炭素根と関係があるという仮説:この根への酸素の拡散と反応に要する時間

The Time Interval After Pulsed Irradiation within Which Injury to Bacteria Can Be Modified by Dissolved Oxygen. II. The Hypothesis That the Oxygen Effect Involves a Carbon Kadical : and the Time Taken by Oxygen to Diffuse to and React with Such a Radical.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 428 - 437  発行年: 1958年 
JST資料番号: D0484A  ISSN: 0033-7587  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 

前のページに戻る