{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602016643630053   整理番号:58A0066859

鉄-銅合金の時効硬化のさい,その格子常数の変化におよぼす焼入ひずみの影響

Einfluss von Abschreckspannungen auf die AEnderung der Gitterkonstanten bei der Aushaertung von Eisen-Kupfer Legierungen.
著者 (2件):
資料名:
巻: 29  号: 12  ページ: 785-792  発行年: 1958年 
JST資料番号: A0446A  ISSN: 0003-8962  CODEN: AREIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
試料はFe-2%Cu合金,X線写真によって焼入によるひずみを測定し,時効硬化(500°Cに加熱)のさいの格子常数の変化におよぼす影響を見た:引用文献27

前のページに戻る