{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602016722044763   整理番号:58A0025089

灰チタン石型構造の強誘電体および反強誘電体の潟度による相転移の結晶化学的分析

Кристаллохимический анализ температурных фазовых переходов в сегнето-и аитисегнетоэлектриках со структурой типа перовскита.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 751-752  発行年: 1958年
JST資料番号: R0058A  ISSN: 0023-4761  CODEN: KRISA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
BaTiO3とPbZrO3における変態順序性の相異。前者は等軸晶→正万晶→単斜晶→菱面体晶。後者は等軸晶→菱面体晶→単斜晶

前のページに戻る