{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602016800105430   整理番号:62A0128394

ランダムプロセスの非相関選択による数学的予見と分散度の評価の決定

Построение оценок математического ожидания и дисперсии по некоррелированной выборке случай-ного процесса.
著者 (1件):
資料名:
巻: 23  号:ページ: 565-570  発行年: 1962年
JST資料番号: R0006A  ISSN: 0005-2310  CODEN: AVTEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
時間間隔(O,T)における定常ランダムプロセスの非相関量の分散選択は.数学的な予知と分散度の評価の決定の際に,著しく計算量を短縮し得ることができることを示した.平均化した連続方法と比較して精度が高いために,観察の時間が増大し得る利点を有している.非相関選択の際に,ランダムプロセスの分散度の決定のためのより簡単化した近似式を導いた;図2参4

前のページに戻る