{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602016860044782   整理番号:62A0129875

化学プロセスと計算機制御との統合

Integration of computer control with the chemical process.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1961  号: Summer  ページ: 24-TC-61-1/8  発行年: 1961年
JST資料番号: D0385C  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
化学プロセス制御を計算機によって行う場合,運転上の重要な機能として知覚,解釈,反応の三つがあげられるが,これらの各々を注意深く整合することが必要である.計測技術者及びプロセスの設計者にこれらの重要因子を理解させることがこの論文の目的である.最初に計算機制御の経済的正当性についてのべ計算機制御を採用する理由として八つの項目をあげ実現可能性について考察.次に計算機に対する入力としての“知覚”,プロセスの活動性を理解するための“解釈”,について解説し,最後に計算機が動作を行う対象としての“反応”についてのべた;図4
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る