{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602016880947150   整理番号:62A0032422

新しいものにおくれなようにする方法

How to keep up with what’s new.
資料名:
巻: 22  号:ページ: 56-58  発行年: 1962年
JST資料番号: E0194A  CODEN: BMANA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
多くの会社は毎年毎年司じ占い方法を使っている.それは単に,どんな新しい技術や装置が自分達に有用であるかを知らないからなのだ.ここに新分野を開発し高利益をあげているLoral電子会社の例がある.新しく開発するのに広く情報をどのようしして集めるかが問題であり.Loral社はとくに広いパリェーエンジニアリンクプロゲラムでともなわれている.ここで得られた情報を適当な人々に知らせるために,パリュ一エンジニアリンゲダイジェストを日に一回発行した。これは,1)新しい材料を構成要素,2)新方式,3)設備と機械の試験,4)Loral社の新伎術との報告からなっていた;図2

前のページに戻る