{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602016904096874   整理番号:58A0003693

化学工業における統計学の利用に対する手引(技術の改変に敏感な化学工業にあっては,高度の改革を可能ならしめる製造工程の改善や歩留の増加や再循環操作の減少などのためになされる研究開発および工程管理の統計的手法を有効に応用すべきだと述べ実際の適用例を掲げている)

A Guide to the Use of Statistics in the Chemical Industry.
著者 (1件):
資料名:
巻: 15  号:ページ: 14-18  発行年: 1958年
JST資料番号: C0170A  CODEN: IQCOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
技術の改変に敏感な化学工業にあっては,高度の改革を可能ならしめる製造工程の改善や歩留の増加や再循環操作の減少などのためになされる研究開発および工程管理の統計的手法を有効に応用すべきだと述べ実際の適用例を掲げている
タイトルに関連する用語 (15件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る