{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602016909894361   整理番号:60A0020141

感電に対する現場における処置について II

Field treatment in electric shock cAses.IT.
著者 (4件):
資料名:
巻: 1960  号: 47  ページ: 19-21  発行年: 1960年
JST資料番号: A0340A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1957年AIEEの冬期会議で題記について討議されたがここではさらにこれこついて考察した結果を述べた,すなわち心臓,肺の部分に電流が流れた場合は呼級困難となうがこれに対してはぐ人工呼吸が必要なこと,fck pressure arm liftとpole topの2種類の人工呼吸法を比較し,心室細動によって約50%が致死となるが,その対策として緩解装置を使用する方法をのべる.緩解装置の細目を説明しさらにClosed Chest Heart massaeeによる蘇生法についても述べたユ
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る