{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602017029292067   整理番号:58A0071853

DIN 1045の§7による鉄筋コンクリート造の曲げを受けるはりの荷重試験の限界計算〔完〕

Kritische EinechNtzung der Probebelastungen an Stahl-betonbiegetragern nach DIN 1045,§7.
著者 (1件):
資料名:
巻: 12  号: 10  ページ: 444-449  発行年: 1958年
JST資料番号: B0056A  ISSN: 0005-6758  CODEN: BABAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
新しい研究結果の役立て(役立方法,板の研究,はりの研究からの結果,板の研究からの結果),特別の研究(載荷の量による傾斜のψ=ψ(β)の関係,載荷高さによる変形角Φ=(εD+εμ)/dの傾斜と荷重の量,クラック生成荷重の研究的確認,クラックの測定,中央のクラック除去など

前のページに戻る