{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年06月
文献
J-GLOBAL ID:201602017079564181   整理番号:58A0059499

空中線測定における,ある種の誤差の理論的解析

A Theoretical Analysis of some Errors in Aerial Measurements.
著者 (1件):
資料名:
巻: 105  号:ページ: 343-351  発行年: 1958年 
JST資料番号: D0382A  CODEN: PEECA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Booker, Clemmowが導入した平面波のスペクトル概念を用いて,空中線の問題を理論的に解析した。空中線間の距離が小さい時は,真の輻射バターンに比ぺて,片葉のレベルに大小を生じ,又,利得測定の誤差も回析理論の予想値より大きくなる
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る