{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602017136842452   整理番号:58A0061162

ダイナミック・スピーカを正しく使おう

Utilisons-nous correctement nos haut-parleurs elec-trodynamiques?
著者 (1件):
資料名:
巻: 1958  号: 65  ページ: 219  発行年: 1958年
JST資料番号: D0544A  CODEN: RVSOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
著者のフランス学士院での講演の一部を再録したもの.理想的ピストン音源の考察から,拡声器の固有周波数を十分低く(例えば20c/s)おさえ,これより上の領域を使うときには電流帰還増幅器を使って定電流で励振するのが良い。この結論を実験に移し,40kcまで特性の平らな装置を得た
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る