{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602017147184856   整理番号:58A0060501

拡声器用遅延装置

Ein Laufzeitgerat fur wartungsfreien Betrieb.
著者 (1件):
資料名:
巻: 31  号: 121  ページ: 200-202  発行年: 1958年 
JST資料番号: E0222A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
電気音響装置で,話者と拡声器からの音が同時に聴衆に達しないためエコーが起ったりする.これを防ぐために,拡声器から出る音を故意に遅延させる一種の録音装置をつくった.周囲に着磁できる層を有する回転円板に普通のテープ録音機のように録音,再生,消去用ヘッドを設け,遅延時間を30~975mSに可変可能にした.この機構部の他に,録音,再生用増幅器を以て憎式になる.ヘッドは録音帯に接触せず,約30μ離している
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る