{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602017151911363   整理番号:58A0019988

化学反応の非定常状態を追跡する膨張計による測定 II アクリル酸メチルの重合の初期における反応遠度定数の評価

A Dilatometric Method of Following the Non-Stationary State of Chemical Reactions. Part 2-Evaluation of the Velocity Coefficients for the Early Stages of the Polymerization of Methyl Acrylate.
著者 (2件):
資料名:
巻: 54  号: 10  ページ: 1552-1559  発行年: 1958年
JST資料番号: E0274A  CODEN: TFSOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
25°と35°Cでのメタクリル酸メチルの光重合の初期段階の反応の研究を行った。重合反応遠度および反応鎖の寿命は,体積測定方式で測定。その結果を論ずる

前のページに戻る