{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602017154313980   整理番号:62A0007916

固体から液体への物質移動の割合に及ぼす気流噴出効果の実験的研究

Experimental study of effect of gas injection on rate of mass transfer from solid to liquid.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 249-251  発行年: 1961年
JST資料番号: C0390A  ISSN: 0017-9310  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
気流を流体中に噴出して流体をかき乱し,固体から流体への物質移動を増大する現象を水と窒素について測定した。固体として安息香酸の粒子(直径,高さともに0,244in)を用い,物質輸送係数の実験式を求めた。気流の噴出は物質移動を著しく増大し,噴出速度が遅い場合は流体の流速の増加による強い乱れと気泡による乱れが大きく,噴出速度が増加すると有効物質移動面積が減少する。気流噴出による物質移動の増加は液体の流速を脈動させることによる増加と同程度である;図1参5

前のページに戻る