{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602017406550564   整理番号:58A0055949

380kV開閉装置の380/220/110kV変電所における設置問題

Die 380 kV-Schaltaniage und ihre Problemme beim Bau von 380/220/110 kV Umspannwerken.
著者 (1件):
資料名:
巻: 48  号: 8/9  ページ: 432-441  発行年: 1958年
JST資料番号: A0328A  ISSN: 0040-1447  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
欧州で最高の580kVが運転開始されだが。その超高圧用開閉装置の建設に当って,送電容量の異常に大きな点,運転の重要度が特に高い点,更に開閉装置に必要な広い用地問題などに基く多くの新しい問題が生じだ,これらの問題を,回路技術的にまだ構成上から検討し,最適な母線接続と開閉装置の構造配置を述べた
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る