{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602017426052943   整理番号:58A0060090

多入射波による方向誤差を基線長の拡大により減少せしめることについて

Uber die Verringerung von Ortungsfehlern bei Mehr-facheinfall durch Grossbasissysteme.
著者 (2件):
資料名:
巻: 11  号:ページ: 417-423  発行年: 1958年 
JST資料番号: D0204A  ISSN: 0948-728X  CODEN: NAZEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
アドコツクまたはドプラ方向探知器において反射などにより主入射波と別に入射波が存在する場合には両者の合成にょり方向探知に測角誤差を生じる。この誤差は空中線の基線を長くして減少せしめ得ることを理論的に説明し一部測定結果も示した
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る