{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602017570978060   整理番号:58A0060901

固体パネルによりX線の増幅

Solid-State Panel Amplifies X-Rays.
著者 (1件):
資料名:
巻: 31  号: 37  ページ: 84-87  発行年: 1958年 
JST資料番号: B0455B  ISSN: 0013-5070  CODEN: ELECA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
硝子板上に透明導電被膜,螢光物質,不透勇絶縁膜,光導電膜,導電薄膜を重ね合せた固体パネル(光増幅器)によるX線の噌幅方式。光導電面を三角形断面の列にし,一つ置に結んで2組にして反対極性のDCを.これにACを重畳して感度を改善し,螢光面で直接X線像を見る場合に比し200倍の利得がある。残像は30秒位
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る