{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602017583690597   整理番号:59A0115840

セメント貯蔵用の鉄筋コンクリートサイロに生じたき裂原因の研究

An investigation into the cause of cracking in a reinforced concrete silo containing cement.
著者 (1件):
資料名:
巻: 11  号: 32  ページ: 65-74  発行年: 1959年
JST資料番号: D0008A  ISSN: 0024-9831  CODEN: MCORA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
き裂原因を検討するため,補強鉄筋の位置および水平鉄筋のラップ部分の確認,サイロ壁の加圧試験,壁体の温度こう配の測定などを行なった.その結果き裂発生の原因は壁体の温度分布の著しい差と補強鉄筋量の不足とによって生ずる過大な内部応力によるものである;図9表2参1

前のページに戻る