{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602017720701330   整理番号:58A0057714

非直線系の相関関数に対する影響

The Effect of Instantaneous Nonlinear Devices on Cross-Correlation.
著者 (1件):
資料名:
号:ページ: 75-76  発行年: 1958年
JST資料番号: C0238A  CODEN: IRBSA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
x1,x2を雑音,fとgを履歴の表い二つの非直線系の特性とし,それぞれm,n次を越えない多項式とする。但し,m=∞或はn=∞はそれぞれ連続関数を表わすとする。この(m, n)の三つの組合せの場合に対し,x1,x2の相関関数とf(x1),g(x2)のそれが,比例するための必要且つ十分な条件を示し,それぞれの場合に対する例があげられている
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る