{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602017953610245   整理番号:62A0053422

フェノールスルホン電解液を使用する硬質鉄めっき法

Электроосаждение твердых осадков железа из фенолсульфонового электролита.
著者 (2件):
資料名:
巻: 41  号:ページ: 65-67  発行年: 1961年
JST資料番号: R0124A  ISSN: 0042-4633  CODEN: VMASA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
[めっき後に加工硬化を後処理として施す必要のない新しい鉄めっき法.摩滅機械部品の更生法として役立つ.鉄めっきの電解液が具備すべき条件は電解液を高温予熱する必要のないこと,めっき作業中において電解液の安定性を保持する必要のないことである.上記の条件を充足する鉄めっき用電解液の一つとしてフェノールスルホン鉄溶液すなわちFe(C6H5O4S)22・2.5H2O(320g/l)の使用を提唱.PH=2.5~4.0,電解液温度20~60°,電解液温度20°,40°,60°のときの陰極の許容電流密度はそれぞれ5,10,12A/dm2;図3表1]
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る