{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602017974390032   整理番号:62A0127963

原子核の歳差運動で制卸された超再生発振墨による磁場不均 一度検出計

Грациентомер на основе сверхрегенератора, управляемого прецессией ацер.
著者 (3件):
資料名:
巻: 26  号:ページ: 1088-1090  発行年: 1962年
JST資料番号: R0045A  ISSN: 0367-6765  CODEN: IANFA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
超再生発振器を用いて周波数変調で核磁気共鳴吸収の実験を行なうとS/Nのよい信号が得られる,これを磁場の不均一度の測定に利用できる,2つの超再生分光計《同一位相でクェンチングをかけるの周波数の差をとり出してオシ冒グ,フの縦軸にいれ,横軸に周波数の判った低周波発振器の出力をいれ,てリサージュ図形をかかせ,それによって2つのヘッドの位匿の同種の核の磁気共嶋周波数の差を求め,磁場の強さの差を知る.現在までの結果は大体1370 Oeのところの10-2~10-6の不均一性を検出した.測走の上限は5×10-2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る