{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602017975943973   整理番号:58A0076446

ティルベリーの第二号棧橋〔討論〕

No. 1 Berth, Tilbury Dock.
資料名:
巻: 10  号:ページ: 201-211  発行年: 1958年
JST資料番号: D0379A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
シェルの実験によるとたわみはクラックが生ずるまでは弾性理論によく合い,極限状態における理論に次第に近づく.これらをいろいろの理論について比べた.他7人の討議がある

前のページに戻る