{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602018106351493   整理番号:58A0020522

気体分子と気体分子イオンとの反応 IV 実験法と結果

Reactions of Gaseous Molecule Ions with Gaseous Molecules. IV. Experimental Method and Results.
著者 (2件):
資料名:
巻: 29  号:ページ: 282-294  発行年: 1958年 
JST資料番号: C0275A  ISSN: 0021-9606  CODEN: JCPSA6  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
質量分析器のイオンソース内で起る二次反応のクロスセクションは気体の温度に無関係で,イオン反発電場の強さと,イオンと分子の還元質量の積の平方根に逆比例する。これをイオンが不活性ガス水素,窒素など分子が水素の場合に対して検討した
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る