{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602018238885802   整理番号:62A0166907

カスピ海盆地における地質探査の方法論

Methodik geologischer Sucharbeiten in der Kaspisenke.
著者 (3件):
資料名:
巻:号:ページ: 390-392  発行年: 1961年
JST資料番号: H0092A  ISSN: 0044-2259  CODEN: ZANGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
カスピ海沿岸盆地地域の石油・天然ガスの探鉱は,含油含ガス層と貯留層の厚さが,盆地中央部に向って厚くなっているので,特にその地区に集中している。探鉱の方法はその評価と共に,地質構造の特異性も決定するような広地域的調査に対して定められる。この種の調査法は,地域の地質構造発展の解明にも,また石油,天然ガスの貯留を支配する一般的法則を決定するためにも役立つ。またこの方法は,大規模な油田,ガス田の探査の有望な地帯を決定するのにも有効であるГеология нефти и газа1960〔8〕1-7よりの抄訳;図1
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る