{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602018339005536   整理番号:58A0054145

電圧-抵抗-電流計使用上の注意

Precautions In Using the VOM.
著者 (1件):
資料名:
巻: 68  号:ページ: 34-35,68-70  発行年: 1958年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
上記のいわゆるマルチメータは非常に便利ではあるけれども,誤差が相当に大きいことを考慮しなければならないとして,各場合に分けてその誤差の原因を述べた。(1)直流電圧計:計器の内部抵抗が被測電圧の内部抵抗に比べて充分大きくなければならたい(2)交流電圧計:直流のときの注意の他に被測電圧の波形率を考える(3)抵抗計:目盛の中心が最大確度である。自蔵電池の消耗度も誤差のもととなるなど
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る