{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602018347907263   整理番号:59A0041456

フェロセンの構造と化学 IV Intraannular共鳴効果

The structure and chemistry of ferrocene. IV. Intraannular resonance effects.
著者 (1件):
資料名:
巻: 81  号: 17  ページ: 4530-4536  発行年: 1959年
JST資料番号: C0254A  ISSN: 0002-7863  CODEN: JACSAT  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
フェニル-および1,1-ジフェニルフェロセンをアセチル化して生成物の構造を決定。生成した異性体の種類と量から各位置の反応性を検討した結果,フェニル基は誘起効果により不活性にするが,それと重なり合った共鳴効果によりフェニル基と隣接する炭素は他の炭素よりも親電子的反応に対して活性となる
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る