{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602018405464679   整理番号:60A0136548

安定化された鉄分含有土じょうのセメントまたは石灰含有量の測定

Determination of the cement or lime content of stabilised ferruginous soils.
著者 (1件):
資料名:
巻: 10  号:ページ: 121-122  発行年: 1960年
JST資料番号: C0264A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
塩酸で抽出してE.D.T.A.で直接滴定するさい,カルシウムを含まず鉄やアルミニウムの含量が高い土じょうが,少量の石灰またはセメントで安定化される場合には共沈の影響を考えねばならぬ。鉄やアルミニウムの含有量の高い南方の土じょうでは上のことが問題となる

前のページに戻る