{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602018470229768   整理番号:58A0070435

発破孔の衝撃綱式せん孔法

Производительные методы ударноканатного бурения взрывных скважин.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 26-27  発行年: 1958年 
JST資料番号: R0103A  ISSN: 0585-430X  CODEN: STRMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
石灰岩採掘場で用いられているBU-2型衝撃せん孔機の紹介。発破孔の深さは 平均20~21m.1作業サイクルの時間は穴掘りで20分,また1作業サイクルのせん孔深さ1.56m,1交代当bでは25m,発破孔1個のせん孔時間368分,衝撃数毎分53,せん孔機の操作,詳細な要目,生産性を示している
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る