{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602018548009220   整理番号:58A0016275

乗用車設計の傾向 I

Automobile Engineering.Part I.
著者 (1件):
資料名:
巻: 186  号: 4833  ページ: 530-531  発行年: 1958年
JST資料番号: B0478A  ISSN: 0013-7782  CODEN: ENGNA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1959年の新車は依然として車体の寸法を長く広くする傾向にあるが出力は増大するむきがある。その他細部の構造においてはさしたる変化はない。今問題になっている空気懸架装置は二三のメーカーで実施はしているが大勢としては無視されている
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る