{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602018594058325   整理番号:71A0136371

IR-120Al3+カラムを用いるDNA分別法の考察III DNAのクロマトグラムへの除たんぱく法の影響

Some aspects of fractionation of DNA on an IR-120 Al3+ column. III. Effect of the method of deproteinisation on the chromatographic profiles of DNA.
著者 (1件):
資料名:
巻: 54  号:ページ: 239-244  発行年: 1971年
JST資料番号: C0278A  ISSN: 0021-9673  CODEN: JOCRA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
DNAの除たんぱく法によってクロマトグラムがどのような差を生じるかを検討した。除たんぱく法として4種の方法を行ないまたいろいろな付加的な処理方法を各々の場合について行なった。これらをIR-120Al+3カラムを用いて検討した結果,除たんぱくの方法の違いによってはDNAのクロマトグラムの形には影響なかったが処理の方法により保留が生じた。これは処理のさいのMg+2が大きく影響していると考えられる;写図1表2参14
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る