{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602018672196926   整理番号:71A0183469

モルモットおよびラットの乳汁中に存するリポたんぱく質リパーゼ活性

Lipoprotein lipase activity in guinea pig and rat milk.
著者 (2件):
資料名:
巻: 231  号:ページ: 283-289  発行年: 1971年
JST資料番号: B0207A  ISSN: 0005-2728  CODEN: BBBMBS  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
乳または乳牛のトリグリセリドを基質としてモルモットおよびラットの乳汁中にある脂質分解活性を調べた。モルモットの乳汁は血清を添加した場o,乳まのトリグリセリドを1090μmoles/h/mlの割合で,ミルクのトリグリセリドを0.8μmole/h/m1で加水分解した。至適pHは8.1-9.0であり,この反応は0.5MNaC1で90-100%抑制される。ラット乳汁もほぼ同様の活性を持つが,加水分解の割合は2μmoles/h/m1以下である。両動物とも乳汁のアセトンーエーテル不溶画分に以上の活性を認めている。以上の結果から乳汁の脂質分解活性のほとんどはリボたんぱく質リパーゼに帰因すると推定;写図4表2参18
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る