{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602018686355385   整理番号:58A0021280

燃焼ガス試験器の歴史 I 19世紀終までの化学的なCO2メータ

Geschichte der Hauchgaspruefer. I. Chemische CO2-Messer bis sur Jahrhundertwende.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1958  号: 274  ページ: 233 - 234  発行年: 1958年
JST資料番号: A0452A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1820年頃より給炭機の研究が始まり燃料節約となったが,燃料管理への測定装置の応用はまだ知れていない。1827年に始められ1832年には燃焼ガス中のCO2,O2などが測られた。 Robert Bunsenが安定な化合物としてガスを吸収する測定法を始め1880年頃からボイラ自体の研究に利用され始めた。1888年Anatol Siegertがボイラの損失の最大の部分は,廃ガスの損失によることを指摘,公式を与えた

前のページに戻る