{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602018807428016   整理番号:58A0070527

自然発火しやすい炭層の後退式長壁切羽付近における爆発ガスの排出

The Drainage of Firedamp from Sealed Areas and Adjacent Wastes of Longwall Retreating Faces in a Seam Liable to Spontaneous Combustion.
著者 (2件):
資料名:
巻: 118  号:ページ: 23-39  発行年: 1958年
JST資料番号: E0285A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
急傾斜切羽において,自然発火の危険とメタンの急激な噴出があったので,採掘区画の両側に幅18ydの炭柱を残し,後退とともに坑道は密閉し,密閉部および切羽後方からパイプで約350ft.3/minの純メタンを抜いた.その作業詳述と結果の検討
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る