{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602018912815157   整理番号:58A0072041

連続く形板の応力影響面

EinflussflUchen fuer die Schnittgroessen durchlaufender Rechteckplatten.
著者 (1件):
資料名:
巻: 53  号:ページ: 187-189  発行年: 1958年
JST資料番号: B0068A  ISSN: 0005-9900  CODEN: BESTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
く形板の影響面は通常Maxwellの方法で求めることができるが計算が複雑であるからまず基本的なパネルについて影響面を求めておき載荷状態に従っていくつかの基本的バネルの組合せを作ることによって計算を簡略化することができる.この方法では求められない場合もいくつかあるがそれらはHoelandの方法で求められる
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る