{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602019079607215   整理番号:71A0373701

メタクリル酸メチルのGrignard試薬による立体規則性生長過程に関する考察

著者 (3件):
資料名:
巻: 74  号:ページ: 1185-1191  発行年: 1971年
JST資料番号: F0171A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
メタクリル酸メチルのGrignard試薬による重合機構解明のため,PhMgBrを触媒としトルエン中の重合の温度変化を行ない,NMRによる立体規則度を測定.立体規則度の温度依存性は-20°Cと-50°Cに屈折点を持ち,この温度範囲で正常な立体親則性重合領域となり,非定常過程モデルでよく説明され,経験則(Pii/Pis)(Pss/Psi)β=αがよく評価できた.また立体規則性の非定常的発生機構を考察。-20°C以上では触媒と単量体の副生物により,-50°C以下では触媒の会合のため正常な機構が乱されるものと推論.さらにEt2Mgによる重合を行なって比校.Grignard試薬とEt2Mgの問のシュレンク平衡を支持する共通性格は見いだされなかった:参23
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る